碧木マリア呼吸研究会講座ご感想

〈2時間セミナーのご感想〉

 マリアさんの解説は今まで聞いたどの呼吸の説明よりも明確でわかりやすく感動でした。

 なによりもわかりやすい例えを使ってくださるのでイメージしやすく、目からウロコの連続!この学びを実践して自分自身の呼吸から声がどのように変わっていくかを楽しみにしています。体調も自律神経失調気味なのでそこも改善していってくれたらと願っています。

 この2年間、妊娠出産、育児と追われているのに加えてコロナ渦ということで、全く歌う気分になっていなかったのですが久しぶりに自分の声をだしてみたいなと思えました。歌のレッスンも申し込みたいなと思っています。どうぞよろしくお願いいたします。

 そして、なによりもマリアさん自身が素敵なオーラを放たれていて女性性についてお話されていることがそのままの存在感からあふれていて・・とても元気をいただきましたし、素敵なインスピレーションをいただきました。

 私自身も、休眠気味だった女性性を目覚めさせて自分を磨いていきたいです(笑)。​                           

                                                                                                                             M  様

 zoom講座ありがとうございました。 呼吸の仕組み、体幹、骨盤底筋の正しい鍛え方、知らないことばかりで、なるほど〜と納得の内容でした。 マリアさんの豊富な知識と経験と体感を余すところなく伝えていただき、すごく興味深く楽しく学ばせていただきました。ワークを少しやっただけで、身体が中から温まり、何か芯が通ったような感じになり、これから日々体感を高めていくのが楽しみです。

 女性ホルモン(妊娠、出産ホルモン)のお話も、マリアさんのユーモアたっぷりの分かりやすいお話で楽しく学べました。 こういう事をもっと早く知りたかったし、全女性に知ってほしいと思いました。もちろん男性にも。 私自身は「妊娠出産ホルモン」に翻弄されることが終わった今、これから本来の自分の人生を謳歌したいなと、嬉しくもなりました。 ありがとうございました。                            

                                                                                                                K  様

インストラクター養成講座
ご感想

【インストラクター養成講座の受講を終えて】 


 見えない体幹を体感できるようになる。 
100日間という初めてのワークの先の自分を、想像出来ないままのスタートでした。 
一つだけ信じられたのは講師のマリアさんでした。 
初めてお声をお聞きした時、声楽家という経歴をお持ちという事だけではないような魅
力を感じました。 
言葉の一語一語に至るまで安定した響きはとても美しく、心地よく、はっきりと耳に届
き、心と身体に伝わり、そして、そのお話はとても納得と信頼ができました。 
このような方がいらっしゃるという事にとても衝撃を受けました。 
 

 私は以前から骨盤底筋を鍛えることの必要性を感じ、体を動かす運動からのアプロー 
チで鍛えようとしていました。 
20代の頃から、婦人科系とお腹に不調を感じていましたが原因が分かりませんでした。
腸が大切だと思い、食事と共に出来ることを探していると、骨盤底筋を鍛える事で様々
な不調が改善される事を知りました。「骨盤底筋」という筋肉がとても気になり、鍛え
るエクササイズを続けていましたが、感覚が掴みにくい事や、ただその部分だけに力を
入れて筋肉を強化させるというエクササイズが元々運動を楽しめない私にとっては毎日
の習慣にする事が難しく、また、効果もあまり感じられずにいました。 

 

 そんな時、「骨盤底筋を鍛えるには、息をはき続ける呼吸法と、女性は歌うことです!」と話されているマリアさんに、今までの鍛え方と全く違うことにも驚きましたが、とてもシンプルなこと、しかも気持ちよく楽しいこと。 
⾧く習慣にしていくために大切だと思っていたことが揃っていることに感動して、それ
までは緊張もあって clubhouse でお話を聞かせて頂くばかりでしたが、勇気を出して初
めてお話させて頂きました。 
 

 Clubhouse での初級編ワークを続けているとほんの数か月で呼吸の浅さが改善し、自己否定してしまう事で、自分自身の力ない心の奥底にフワッと灯りがともされ、ほんの少
しですが、でもしっかりと力が入るような、今までにない感覚に気づいた時は本当に驚
きました。 
これまで、自分の思考を変えることでしか手放せないと思い努力しても、引き戻されて
しまうとても大きな壁がありました。 
自己否定する気持ちは、反省と後悔に今までの人生の多くの時間を費やしてきました。
時が経てば、新たな自分への戒めのような思いも増えていく日々は自分の心を消してい
く方へと向かいながらも、それは自身の学びとして向き合わなければいけない事だと思
ってきました。 

 

 心は、学びとして厚くなっていくどころか弱くなり、それは周りにも伝わるのか、人と
の関わりの中で上手く回らず、深く思い悩む事が重なり身動きがとれなくなっていまし
た。 心の底に灯りがともる感覚を感じた時、「生きていいよ!」という言葉がはっきりと聴こえた気がしました。 
身体の底の方で、その言葉が何度も響いているという感じでもありました。 
今まで過去ばかりにとらわれていましたが、初めて、もっと前を向いて生きていけるか
もしれないと強く思った、今でも忘れられない不思議なエネルギーと光を感じた出来事
でした。 

 

 ⾧い間、真っ暗だった所に見えたかすかな光に、インストラクターという言葉に躊躇す
るより、更に体幹を意識できるようになり、呼吸と精神の繋がりに触れ、自分を立て直
したい、身体の不調もそこから自ずと改善され道が拓けるのではないかという気持ちが
高まり、インストラクター養成講座の受講を決めました。 
何より、マリアさんから学びたい…そう思いました。 

 

 声だけの clubhouse は、視覚からの情報が入ってこない分、言葉と身体の内側に意識を集中することが出来ました。 そして、マリアさんの言葉は、最も捉えにくい体幹を、絶え間なく湧き出る泉のような表現力でイメージを膨らませ、体感へと結びつけていってくださいました。
見えないところを感じるというのは、薄皮を一枚一枚重ねていくように自分の感覚とマ
リアさんの言葉を合わせていきながら、時には行きつ戻りつしながらその感覚に厚みを
持たせていくような感じでした。 
身体の最も中心の芯の部分を感じられるようになるには、休みなく「毎日」教えて頂け
た事が本当によかったと有難く思っています。見えない体幹の感覚はとても微妙で繊細
で、一日でも空いたとしたら、その感覚への集中力と体感が途切れ途切れになっていた
ように思います。 
そして、これからも毎日続けていくという事の大切さとその必要性を十分に感じること
が出来ました。 

 

 呼吸だけでなく『気』のワークも同時に丁寧に教えてくださり、更に目には見えない自
分の内側にあるものへの感覚を高めていってくださいました。 
初めは力ばかり入ってとても難しく感じましたが、色を感じることがとても心地よく、
普段目にしている、山、川、空、土…等々、身近な自然が光によって見せてくれる様々
な色彩を今まで以上に意識するようにもなりました。 
ワークが進み、内側からと更に外側からの意識も向けられようになるころには、段々と
力も抜け、守られているような心地よさと安心感に包まれ、呼吸と共に精神を安定させ
る深い学びになりました。 

 

 わからないことはわかるまで、どんなことでも全身全霊で向き合ってくださるマリアさ
んは、私達を導きながらもいつも同じ目線に立ってくださり、共に喜び、共に笑い、共
に感動しがなら、みんなで響きあうような幸福感と、細胞の一つ一つが喜びを感じてい
るような学びの毎日にしてくださいました。 

 

 知識が浅いことに対しての質問をする事で、時間を頂く事が申し訳なく思うような事で
も、必ず聞いてほしいと仰ってくださるマリアさんは、どんなことでもとてもわかり易
く、丁寧に、そして恐縮している気持ちを忘れさせてくださるかのようにユーモアを交
えて一緒に笑って楽しんで教えてくださったことは忘れられませんし、世の中に溢れる
常識に委縮していた気持ちを開放し、本当に見つめるべき所が何かを教えてくださいま
した。 

 

 養成講座で出会わせて頂いた仲間とマリアさんとの会話は日々深まっていき、生きてい
くうえでの様々な事が、呼吸を通して必ず一つの道へと繋がっていきました。 
それは、マリアさんが見つめていらっしゃるところが、深い本質をしっかりと捉えてい
らっしゃるからだと思います。 
呼吸の方法だけに留まらないマリアさんのお話から、『うつくしい』ということはどう
いう事か、なぜ心が震えるのかを知り、大切なことは自分の中にも身近なところにもあ
ると感じ、遠くを見つめがちだった気持ちも変化してきました。 

 

 ワークの中で気づいたことから突然 zoom 講座が開かれる事になったり…即興で創られ
ていく養生講座はいつもユーモアと笑いが絶えない楽しい時間でした。 
発声レッスンはとても楽しみにしていたレッスンで、歌をきちんと学んだ経験はありま
せんが、最初の発声レッスンの時に、声を出すことの今までにない気持ちよさに出合い、 
正しい発声は心も身体も解放し、幸福感に包まれることを体感して本当に楽しかったで
す。その時から、次の発声レッスンがとても楽しみで、体調を万全にして、全身で感じ
たい!と思った程です。 

 

 講座を受けてからは、声や話し方の変化を認めて頂けたり、体の変化を感じたり、歌い
やすくなったことで歌う事が楽しくなったり… 
「何かわからないけど、いい意味で変わったね!」と言われるようにもなりました。 
今までは親しい人以外とは、緊張してあまり話せなかったのですが、落ち着いて話せる
ようになり、その後、自分の言葉を思い出して気に病む事より、いつでも真摯に向き合
いたいと思う自分を信じる事が出来るようになってきたことは、本当に大きな変化とし
て自分自身が驚いています。 
感情に揺れて思い悩む時間が減り、気持ちを立て直すことが少しずつ出来るようなって
いっていることは、最も身近な家族も感じてくれているようです。 

 

 マリアさんが仰る呼吸と心身魂…この深い関係を、自身の様々な変化からも感じずには
いられません。 
呼吸を意識することで、気持ちを落ち着かせたり、励ましたり、時には癒したり、自分
を守る術が身体の中に備えられている事の神秘性を、今までとらわれていたものを少し
手放せたことによって同じ景色にもこれまでにない輝きを感じる今、しみじみとかみし
めています。 
また、呼吸と精神性の深い繋がりを今までにはない形で学び、これから先も更に理解を
深めていけるよう道筋を作って頂けたことに心から感謝の思いで一杯です。 
 
 毎日毎日、いつものように、いつものメンバーで過ごすかけがえのない時間は、いつ
しか当たり前のような日常になり、終わりの日が近づいてくることを心も身体も受け入
れられないような気持ちで一杯でした。 
でも、講座の終わりに、「ここからがスタートです」と仰ってくださったマリアさんと、
尊敬し、信頼する楽しい仲間とこれからも呼吸の奥深さを探求し、自分の中にあるもの
に気づき、磨いていきたいと思います。 
体幹を感じられるようになって、やっとスタート地点に立たせて頂けたのだと思います。 

 

 講座を終えてからの毎朝の初級編ワークは、今まで気付かなかったマリアさんの言葉の
深い意味に気づき、体幹を見つめた、更なる学びへと色を変えていっています。 
マリアさんから学ばせて頂けたこと、一期生の方々と出会わせて頂けたことに 
心から感謝しております。 
 
マリアさん、一期生の皆さん、本当に有難うございました。 
そして、これからもどうぞよろしくお願い致します。 
 
                                  河津 恵美子

【ikiiki体幹呼吸法インストラクター講座を受講して】(2022.6.1)     

 

【きっかけは歌】
あるメンターに もっと表現してごらん と、メッセージを頂いた。が、
こんなにおしゃべりで言いたいこと言ってる私。何を表現するんだ?と、しばらく?状態。
その後、合唱に出逢い歌うことになり、呼吸を深く学ぶことで 
歌がもっと上手くなれるかもしれない。と思い講座を受講したのが始まり。

 

たくさんの息を吸って吐いて出し切る。100日間、繊細に丁寧に呼吸を探究し、
このシンプルなことを、コツコツ続け取り組んだことで
音域も広がり、声に響きも増し、何より歌うことがより格段に楽しくなった。
そして、深い呼吸を積み上げていくことで
歌を奏でること、表現することは、魂からの観喜であると感じられるようになった。

 

【副産物その1】
自覚症状のないほどのひどい肩こりは常であった。
だから、長年リラックスすることを追求し、探究し取り組んできた。
様々な瞑想会やリトリートに出向き リラックスすることで 
身体がほぐれ、副交感神経も優位になり 「いまココ」を体感する自分にも出逢った。
しかし、日常ではリラックスしすぎると、仕事や生活は立ちゆかないこともあり
色々と弊害が起こる。せっかくリラックスした自分を手に入れても
雑多な日常と過去の自分に戻るを繰り返してきた。


骨盤底筋を意識する深い呼吸で、リラックスしながら体幹の体感を
意識して呼吸することで、覚醒した自分に自分自身で出逢えるのだ。
どこかのリトリートにお出かけしなくても、心身の自己調整が可能になる。
肩こり以外にも身体的に改善したことは数知れず。

 

【副産物その2】
100日間深い呼吸をコツコツ続けて
これがいつもの自分であると脳を欺すことがてきた体験!?


目を見張るような出来事 
目が点になるような想定外のことにも
深い呼吸をすることで 
体幹を感じていたら
顔色を変えることもなく
いつもの自分に戻れる。

腹を立てること
頭にくることはあっても
深い呼吸で体幹を意識すると
自分を内観し、心穏やかに、
晴れやかな顔の自分でいられる。


足がすくむ、
足がおぼつかないことがあっても
人の顔色を伺うこともなく
深い呼吸のおかげで
酸素が身体の隅々まで行き渡り
地に足がついた自分にでいられる。


胸騒ぎがしても
心ここにあらずな自分になっても

ゆっくり、深く、長く、しっかり
深い呼吸をすることで
肝が据わった自分でいられる。


できないダメだと思っていたことが、思い悩んでいたことが、イラッとしたことが、
幻想であったのだとさえ感じる。いつもの自分はどこにもいかない。
いつもここに在る。


意識的な深い呼吸をコツコツ続けたおかげで 「いまココ」を感じている自分
これがいつもの自分で在ると 脳を欺すことにいやアップデートに成功したようだ。

 

いつものように
朝8時にノートを開き
カラダをほぐし
いつものように
体幹を意識して
いつものように
細く長く息を吐く

 

そして
いつものように
たっぷり吸って
いつものように
骨盤底筋の芯に力を入れて
息を吐ききる
いつものように
いつものように

 

いつものように
気が付いたこと感覚を
いつものようにメモをする
気も練って磨いてみよう
いつものように 

 

ひとりで
ワークするけどやってみる
そして
いつものように
いつものように


これは、講座が終了した翌朝に沸いてきた詩である。
先日歌ったフランス語の題名
Comme d’habitude♬︎ 「いつものように」
図らずも講座中に、ソロで歌う機会がやってきて
マリアさんに歌のレッスンもガッツリ受け、1ヶ月で仕上げた曲。
マリアさんと
そして一緒に学んだ仲間への
敬意と感謝を込めて♪Comme d’habitude♪


【これからも続く】
人は生まれながらに意識しなくても、オートマチックに呼吸をしている。
そして、命の尽きるまで呼吸は続く。
どうせ呼吸をするのなら コツコツ、繊細に丁寧に
意識して呼吸することに取り組んでいきたい。
意識して呼吸を深くすることで、自分の意識が
無意識から意識化への変容も可能になるだろう。

その意識化の感覚や範囲や領域を
もっと広げていくこと、深めていくことも可能になるだろう。
人間の身体の、精神の、魂の神秘は計り知れない。
新たな自分と未知なる世界に出逢うために
これからも呼吸の探究はまだまだ続く。
骨盤底筋を意識する深い呼吸は、
自分平和から世界平和へと続いていく道なのだから。

                                  長谷川 美香

 

【インストラクター養成講座受講の感想】

 

 1期生メンバーの1人として養成講座の受講を終えましたが、いざ、感想となった時、正直なところ…何からお伝えすべきか、とても迷いました。

 それは、100日間というタイトなスケジュールでありながら、むしろそのタイトな日程の中で、本来の目的であった体幹の体感を得る呼吸法にとどまらず、気のワークや、例えば、呼吸と感情の関係について等、呼吸にまつわる様々なことをZoomで話し合うなど,

あまりに多くの学びがあったからです。

 ここでは、その多くの学びの中から、主に呼吸のワークに基づいてお話したいと思います。

 

 実際に養成講座がスタートしたのは、マリアさんの朝のワークルームに参加するように

なってから、1か月程たった頃でした。 

 元々…学生時代から運動部に所属したり、浜っ子で泳ぎが達者だったこと等もあって

か⁉最初から、そこそこは長めに息を吐くことができたのですが、講座のスタート時点

でも…ワークし始めの頃より、更に長めに息を吐けるようになっていました。

 それは、初級編とはいえ、朝のワークルームになるべく毎日参加していた賜物と感じ

たのを覚えています。

 講座がスタートしたばかりの頃は、初級編の延長のような感じでしたが、そこからど

んどん気のワークが加わったり、呼吸の筋肉である体幹(インナーマッスル)を意識し

てのワークに移行していきました。

 そして、毎日のワークの中で、マリアさんが都度、質問や疑問点などを確認してくだ

さり、時にはメンバーの疑問点を…みんなで話し合うこともありました。そういった時

間にも、とても大きな意味があったように思います。

 そんな感じで、毎日の30分のワークの時間は、あっという間で…時間を過ぎてしまうこともしょっ中ありました。

 

 ちなみに、私たち1期メンバーは4名で、本当にそれぞれに違ったタイプで4種4様⁉といった感じでしたが、何かを話し合う際でも、そういったそれぞれの思いや考えを

出し合う事で、新たな発見があったり、自分とは違う着眼点に気付かされたりと、それが又、いい相乗効果になっていたのではないか⁉と思います。

 

 そして本題の呼吸のワークですが、講座スタートから1か月程した頃から、体幹を意識しての本格的なワークが始まりました。それまではどちらかというと、兎に角、息を吸って細く長く吐くといったワークから…呼吸の筋肉を正しく使っての深いワークに移行していった訳です。

 初めは、やり方が変わったこともあり手探り状態でしたが、徐々にコツをつかんでいきました。マリアさんも、”最終的にはみんなができるようになる”というスタンスで、焦らず、それぞれの状況を確認しながら進めてくださるので、興味をお持ちの方は、ぜひ安心して受講していただければと思います。

 

 また、呼吸のワークを続けたことで、たくさんの思いがけない嬉しい副産物⁉もありました。例えば、ウエストのくびれが戻ってきたり(私はこれを、お帰りラインと呼んでい

ます)ワークを続けるほど、ポッコリお腹が大人しく⁉凹んでいってくれたり…

 又、体幹を動かす為、水分代謝が上がりむくみが解消されたり…

他にも、尿漏れが改善された!便秘が解消した!等のお話も朝のワークルーム等でもたくさん伺いました。

 そういったハッキリと認識できる変化のほかにも…様々あります。

例えば、慌てたときにも一呼吸置いて落ち着いた対応ができるようになったり、1日の

中で…呼吸を通して自分の心身と向き合う時間を作ることで、精神的なゆとりができ穏

やかに、笑顔で過ごせるようになるなど、副産物は数え切れません・・

 

 このように、深い呼吸は精神的な安らぎに通じるわけですが、更にその延長として、心の平穏を得て…喜怒哀楽といった、元々人間にセットされてる感情さえも俯瞰でみられるようになった時、やっと”魂”と対峙する入口に立てる‼

そこが”心身と魂の交点と”なるところなのだと…体感をもって実感しています。

 

 とはいえ、まだまだ呼吸の道は果てしなく、もしかしたら”魂の入り口”に立ってからが

更なる”終わりなき果てしなき道”への門出なのかもしれませんが・・

 

 そして、呼吸のワークと並行して行っていたのが”気のワーク”です。

こちらは呼吸のワークで時間が押した日は…できない時もありましたが、毎日のこの気のワークによって、以前より”気”というものを日常生活でも意識するようになりました。

 

 気のワーク自体に関していうと、本格的にワークをしたのは初めてでしたので、始めたばかりの頃は…これで合っているのか?…と不安になったり、思い通りにいかない時にはもどかしさなどもありましたが、呼吸のワーク同様、サービス精神旺盛‼のマリアさんが、丁寧にご指導くださり日々のワークを重ねるにつれ…段々と”コツ”がつかめるようになり、ゆとりが出てきたにように思います。

 そして慣れてきた頃には…リラックスしながら楽しく行えるようになっていました。

リラックスし過ぎて…途中で”うつらうつら”したことも何度かあります(笑)

 又、気のワークと言えば”呼吸”も大切になってきますが、その呼吸のワークもしつつ、並行して気のワークも行うことで、深い呼吸が…更に相乗効果で気のワークをも充実させてくれていたように思います。

 ちなみに呼吸のワークは、朝のルーム以外でも、今も毎日、自主的に行っていますが、気のワークについても毎日とはいかずとも…これからも続けていこうと思っています。

 

 インストラクター養成講座を振り返り、”呼吸”と”気”のワークを通して体幹を得るということは元より、知識を得る楽しさ、そしてあるテーマを皆で話し合うことの意味や重要性、共に学ぶメンバーの大切さなど…数え切れないほどたくさんのことを教えて頂きました。

 

 私たち1人1人の疑問にいつも親切丁寧に応えてくださり、また、閃きがあった際は、時に急に歌い出す⁉など…マリアさんのオリジナリティーとユーモアが遺憾なく発揮された講座は、毎日が楽しく、初めは100日間の朝ワークを、1日も休まず続けられるかなど不安もありましたが、振り返ると本当に…あっという間でした。

 マリアさんが何十年も掛かって築き上げてきたものを、時に根気強く…そして時にユーモア溢れるパフォーマンスを交えつつ、惜しみなく私たちに教えてくださいましたこと、

心より感謝しております。。

 

 また、共に100日間という受講期間を一緒に学んできたメンバーとも何かしらのご縁があり…このタイミングで出会えたものと思いますし、皆さんからも多くの学びを頂けましたことにも感謝の気持ちでいっぱいです。

 

 これからも、周囲の意見を柔軟に取り入れつつもしっかりとした自分軸を持ち、いくつになっても目標を持って邁進していける”生命の息吹が感じられるような躍動感としなやかさ”を併せ持った女性になっていけるよう毎日を大切に過ごしていきたいと思います。

 

 そして今後は、この素晴らしい呼吸法をたくさんの方に知って頂くべく、この呼吸法をお伝えしていく活動の一役を担っていけたら幸いです。

 

 

マリアさん、そして1期生メンバーの皆さん、本当にありがとうございました。

   

     

 

                          **感謝を込めて**

                       里奈 みちる(Satona Michiru)